不動産担保ローンの情報を確認【資金の集めに役立つ】

お金

利息を考慮しながら利用

カードローンでは、限度額を超えなければ、何度でも借り入れと返済とを繰り返すことができます。そのため返済するたびに再度借り入れをすることも可能なのですが、完済しなければ利息は毎日発生し続けます。その負担が大きくなりすぎないよう、利息を計算しながら利用することが大事です。

詳しく見る

男女

大口で低金利の借入れ

複数社から借金があり、早期に完済したい方は不動産担保ローンを利用する方法があります。無担保のカードローンよりも大幅に金利を引き下げることができ、大口の借り入れをすることもできるので、おまとめに利用することもできます。

詳しく見る

財布

節約効果を調べる

フラット35は長期間で返済できる住宅ローンなので、借入先候補の1つになるでしょう。そんなフラット35の繰り上げ返済を検討している場合は、準備として実施することによる節約効果を算出すべきです。そのため、まずは金融機関でシミュレーションを出してもらい、最も効果のある先を慎重に選ぶ必要があります。

詳しく見る

住宅模型

評価額の7割程度を融資

不動産担保ローンを利用すれば、担保不動産の評価額の約7割のお金を融資してもらえます。売却の方が多くのお金が入ってきますが、不動産担保ローンの場合は完済後に再度利用できます。何度も、評価額の約7割を融資してもらえるわけです。また融資されたお金で、不動産を買って資産を増やすこともできます。

詳しく見る

カード

ATMで借り入れや返済を

カードローンは、専用カードを使ってATMで借り入れや返済ができるというサービスです。コンビニエンスストアのATMも利用できるので、キャッシュカードを利用している姿と見た目は変わりません。初回の利用限度額は少なめに設定されていますが、誠実な利用を続けていれば、年収の3分の1ほどにアップします。

詳しく見る

多額の資金を調達する方法

レディ

無担保より低利で利用可能

カードローンは無担保で資金の借入れができる手軽なローン商品ですが、借りやすい分限度額は低めに設定されています。消費者金融会社では500万円、銀行でも最高で1,000万円程度が平均的な借入限度額となっています。これに対して、より多額の資金を調達したい時に活用できるのが、不動産担保ローンです。不動産担保ローンは、その名の通り住宅や土地などの不動産を担保として資金を借り入れることができるローンです。借入限度額は1,000万円以上、高いところでは1億円以上というケースもあるため、大口の資金調達が可能となります。また、無担保ローンに比べると金利が低めに設定されている、最長借入期間が20〜30年と長いものが多い、といった特徴もあります。借入限度額が大きいことから、不動産担保ローンはさまざまな目的に利用することができます。高額の買い物や自宅の増改築、家族の介護や入院等に要する費用などのほか、いわゆるおまとめローンとしても活用することができます。また、無担保ローンは事業性資金に使用することができないことが多いのですが、不動産担保ローンの中にはビジネスローンとして使えるものがあります。そのため、会社や個人事業の開業資金・運転資金などに充てることも可能です。不動産担保ローンは銀行や信用金庫等の金融機関の他、信販会社やファイナンス会社などが取り扱っています。審査は無担保ローンのように即日というわけにはいきませんが、おおむね1週間前後で結果が出ます。

人気記事

利息を考慮しながら利用

お金

カードローンでは、限度額を超えなければ、何度でも借り入れと返済とを繰り返すことができます。そのため返済するたびに再度借り入れをすることも可能なのですが、完済しなければ利息は毎日発生し続けます。その負担が大きくなりすぎないよう、利息を計算しながら利用することが大事です。

詳しく見る

大口で低金利の借入れ

男女

複数社から借金があり、早期に完済したい方は不動産担保ローンを利用する方法があります。無担保のカードローンよりも大幅に金利を引き下げることができ、大口の借り入れをすることもできるので、おまとめに利用することもできます。

詳しく見る

節約効果を調べる

財布

フラット35は長期間で返済できる住宅ローンなので、借入先候補の1つになるでしょう。そんなフラット35の繰り上げ返済を検討している場合は、準備として実施することによる節約効果を算出すべきです。そのため、まずは金融機関でシミュレーションを出してもらい、最も効果のある先を慎重に選ぶ必要があります。

詳しく見る

評価額の7割程度を融資

住宅模型

不動産担保ローンを利用すれば、担保不動産の評価額の約7割のお金を融資してもらえます。売却の方が多くのお金が入ってきますが、不動産担保ローンの場合は完済後に再度利用できます。何度も、評価額の約7割を融資してもらえるわけです。また融資されたお金で、不動産を買って資産を増やすこともできます。

詳しく見る

Copyright© 2017 不動産担保ローンの情報を確認【資金の集めに役立つ】 All Rights Reserved.